パート・アルバイトでもお金を借りる

MENU

パートでお金を借りるには?

「パートでもお金を借りることができるの?」と疑問をもっておられるかたもいますが、パートであれアルバイトであれ本人に収入があれば、消費者金融でも銀行のカードローンでもキャッシングの申込はできるので、自分の状況にあわせたキャッシング会社に申込みできます。

 

兼業主婦と専業主婦のちがい

主婦は生活費の補填のためにパートをされている兼業主婦と、子育てなどでパートに出られない専業主婦に分かれますが、主婦がお金借りるには、兼業主婦と専業主婦では申込先が変わってきます。

 

消費者金融のキャッシングは総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内に制限されます。

 

そのためパートで収入を得ている兼業主婦のかたは、融資限度額が最大で年収の3分の1以内になりますが、消費者金融でのキャッシングは可能です。

 

無収入の専業主婦も総量規制の「例外」にあたる「配偶者貸付制度」を利用すれば消費者金融のキャッシングは可能になりますが、そのために配偶者の同意を得ることが条件になるのでこれまでのように専業主婦の名前で借りることはできません。

 

配偶者貸付制度は調査や書類審査で時間がかかり、採算が取れないということから、この制度を導入しているキャッシング会社は皆無といった状況なので消費者金融でキャッシングを申込むのは難しくなります。

 

主婦のキャッシングは銀行カードローンで

このように兼業主婦は消費者金融のキャッシングは可能ですが、年収の3分の1以内になるので、思っているほど多くのお金を借りることはできませんが、銀行カードローンなら年収に関係なく融資が受けられますし、総量規制の制限はないので審査に通ればより多くのお金を借りられます。

 

無収入の専業主婦も、総量規制外の銀行カードローンなら申し込みが可能で、収入がなくてもキャッシングが始められます。そのため銀行カードローンは無収入の主婦を対象にした商品を扱っている多くの銀行があります。

 

たとえば、楽天銀行のカードローンやイオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」は50万円まで、みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は融資限度額30万円を上限として融資をおこなっているので、専業主婦のかたでも兼業主婦のかたでも低金利で安心して利用できます。

 

カードローンを使う人の特徴とは?

これからカードローンの利用を考えている方。今、カードローンで借入を行っている方。カードローンは、どのような方が利用されているのか気になりませんか?そこで、mixiリサーチが2014年8月に行った調査結果から、カードローンを利用されている方について見てみましょう。

 

性別・年齢

カードローン利用者の男女比や、約7:3で、男性の利用者が多い結果となっています。女性の社会進出が進んで、女性の利用者の絶対数も増えているようですが、割合としてはやはり男性が多くなっています。

 

その中でも、30代から50代にかけての世代の利用者が最も多くなっています。働き盛りの世代ほど、出費もかさんでしまうということでしょうか。

 

職業・年収

全体の約50%が「公務員・会社員」と回答しています。その他では、「自営業」が約15%、「パート・アルバイト・フリーター」が約22%となっています。「専業主婦」で約8%、「学生」と回答している方もいらっしゃいました。審査も合格しやすい「公務員・会社員」が最も高いことが分かります。

 

年収では、「300万円〜700万円」と回答された方が、全体の50%を占めています。「700万円以上」の方も20%以上いらっしゃいました。平均的な収入の方が最も多く利用されているようです。

 

1回あたりの借入額

カードローンを利用する金額では「1回につき10万円未満」の利用者が、約75%と最も多くなりました。あまり多額ではなく、少しだけ借りたい、という方が多いのがカードローンであるといえます。

 

中には、「100万円以上を借入する」という方もいらっしゃいました。一体何に使っているのか気になるところです。